ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

伝統色彩士とは

和のパーソナルカラーについて

和のパーソナルカラーは、黄色人種である日本人に特化したパーソナルカラーの分類法です。
春・夏・秋・冬の4つに分類される従来のパーソナルカラーとは異なり、日本古来より伝わる染師のデータを基にして草木染などの染色技術から生まれた色でパーソナルカラーを判断致します。


伝統色彩士とは

伝統色彩士とは、和のパーソナルカラー理論に基づいて、その人が一番綺麗で若く見える着物姿を診断する資格です。和のパーソナルカラー・ディプロマ取得コースを修了した後に認定されます。

認定後は伝統色彩士協会の所属講師として認められ、和のパーソナルカラー診断を行うことが出来ます。また協会本部での担当講師やイベントなどのアシスタントをお願いする場合もあります。さらに、十分な知識と実績を積んだ後には独立講師として開業する事も可能です。

着物関係だけに限らず、和の色を学ぶことでインテリアやデザインなど様々な分野で知識を活かすことが出来ます。