ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

よくある質問

 

Q:和のパーソナルカラーは洋のパーソナルカラーとは違うのですか?

和のパーソナルカラーは、春、夏、秋、冬の4つに分類される従来のパーソナルカラーではありません。その方式は黄色人種である日本人には適応しにくいもので、まして着物では当てはまらない分類法です。

和のパーソナルカラーについての詳細は、こちらをご覧ください。

 

Q:レッスン料金を教えてください。

こちらをご覧ください。

 

Q:受講料はいつ支払えばよいですか?

受講クラスの初回時にお納めください。

受講料は前払い、全納方式とさせていただきます。受講されるクラスの初回時に、当該クラスの受講料を現金又はクレジットカードにてお支払ください。クレジットカードご利用の場合、一括払いのみの取り扱いとさせていただきます。

 

Q:レッスンの振替は可能ですか?

コーディネーションクラス・染色クラス・ディプロマ取得コースの場合に限り、可能です。

ご都合の悪い日が事前にあれば、ご相談で振替を致しますのでお申し付けください。ただし、在籍クラスの全ての授業を修了しなければ、上のクラスへ進級することはできません。

 

Q:認定について教えてください。

ディプロマ取得クラス修了後、所定の認定料を納めると、伝統色彩士(伝統色彩士協会認定講師)の資格を取得することができます。(希望者のみ)

認定料 20万円

認定料には、診断に必要となる正絹ドレープ34色を含みます。

認定料は、一括払い、もしくは分割払い(現金のみ・4回まで)でのご相談も承っておりますので、お気軽に]お問合せ下さい。なお。クレジットカードご利用の場合、一括払いのみとさせていただきます。

また伝統色彩士講師会(初年度無料・次年度より3,000円/年)に登録して頂きます。

 

Q:講師になるまでの流れを教えてください。

こちらをご覧ください。

 

Q:伝統色彩士の資格を取得すると、何ができますか?

伝統色彩士として、和のパーソナルカラー診断を行うことが出来ます。

また和のパーソナルカラー教室の自主開催・運営ができます。

 

Q:認定を受けないと診断できないのですか?

伝統色彩士協会の提唱する和のパーソナルカラー理論で診断を行う際には、認定が必要となります。

「和のパーソナルカラー」は伝統色彩士協会の登録商標であり、許可なく使用することは固く禁じられています。講座の内容や教材を模倣することもできません。

 

Q:講師になることを目的としなくても色の勉強はできますか?

はい。コーディネーション・染色クラスまでの受講も可能です。

 

Q:着物を着ないのですが和のパーソナルカラーの勉強はできますか?

はい、可能です。